和装写真で想い出をカタチに残しませんか?

TOP > 和装の写真について > 動きを制限される和装は自然に落ち着いた動作になり気品が漂うもの

動きを制限される和装は自然に落ち着いた動作になり気品が漂うもの

きっと人は誰でも目立ちたいという気持ちは心のどこかにはあるもので、たとえ内向的な性格の人にだって、そういう気持ちは持ち合わせているものなのですね。
だからファッションにこだわったり、ヘアスタイルを変えてみたりするのでしょう。
これはけっして悪いことではありませんよね。
個性を出すことは必要なことですから。
しかし、この目立ちたいためにいろんなファッション雑誌などの写真を見て、お気に入りのモデルを真似たりして流行を追いかける人が多い。
おしゃれになるのは良いことですが、皆が同じようなファッションになってしまうという問題があります。
これではつまらない。
個性が出し切れないのですね。
皆が同じような格好をすれば、目立つという根本的な目的は達せない。
満足できなくなるわけです。


もっとも個性的で、もっとも目立つ装いというものがあります。
それが和装なのですね。
着物というのはご承知の通り日本の伝統的な衣装です。
遥か昔には皆が着ていました。
しかし、海外からのファッションが主流となった現代では、冠婚葬祭などの他にこれを着る機会がなくなってしまったのは誠に残念なことです。
和装を着るメリットというのはけっこうあります。
まず、四季折々に着替えることができますから、もっともその季節に合ったものを着ることができるということ。
また、着物はかなり体を締め付けるものですから動きが制限されます。
これをデメリットととらえる人もいますが、実はその制限された動作というものは、落ち着いた気品というものを相手に感じさせることができるのですね。
そして、最大の利点は目立つということ。
着物を着て街を歩くだけで通る人の視線を釘付けにすることができます。
パーティーや交流会などではきっと一番目立つ存在になるでしょうね。


確かに着物を着ることで目立つわけですが、実はこの着物の目立つ要素はそれだけではありません。
先にも触れましたが、着物というのは動きを制限されます。
どちらかと言えば洋服はその逆ですよね。
いかに自由に動くことができるか、これが洋服の根底にある要素だと思うのです。
しかし、着物はそれほど自由に動けない。
でも、これが気品につながるわけですこのような気品がひと際飛びぬける、つまり目立つわけですね。
歩くとき、座るとき、食べるとき、そして話をするとき、こうした動作の節々に気品を感じさせれば、これはやっぱり目立ってしまいますよね。
婚活などをするときにはこの和装がおすすめです。
そう言えば、昔は見合いには着物というのは定番でしたね。
最近ですとSNSなどで写真をアップする人が多いですが、着物姿の写真をアップしたら、反響がすごいかもしれません。
逆に気を付けたいですね。

カテゴリー

PAGETOP