和装写真で想い出をカタチに残しませんか?

TOP > 和装の写真について > 和装姿をより美しく写真に残すためにできること

和装姿をより美しく写真に残すためにできること

結婚式といえば、女性の憧れ、ウェディングドレス。
純白のドレスに身を包み、チャペルで愛を誓う。
それはとても絵になる光景です。
しかし、日本古来の和装も同じくらい魅力的。
実際、結婚式の衣装決めでもドレスか和装で悩む人が多いのが現状です。
そこで今注目されているのが、和装での前撮りです。
前撮りとは、結婚式の前に写真だけ別に撮影するというもの。
結婚式の衣装とは別に衣装が選べるので、和装洋装どちらも叶えることができる、まさに夢のプランです。
前撮りした写真を披露宴会場に飾れば、ゲストにも両方の姿を見てもらうことができます。
そんな前撮りのなかでも、スタジオを飛び出して外で撮影するプランが特に人気を集めています。
文化財に指定されている歴史的な建造物や緑豊かな自然、美しい街並みなど、私達の周りには最高のロケーションがたくさんあります。
素敵な光景と一緒に撮る写真は、きっと最高の思い出になることでしょう。


まず、写真に残す前提のものですから、写真映えする衣装選びがポイントです。
花嫁の白無垢姿は素敵ですが、写真にすると寂しく見えてしまう場合もあります。
そんな時は、小物にさりげなく色を取り入れたり、笠や花など撮影用のアイテムを追加することで白無垢の美しさが際立ちます。
また、白無垢には繊細な刺繍が施されていますから、それが写るようアップでの撮影もおすすめです。
白無垢と並んで人気なのが、鮮やかな色打ち掛け。
代表的なのは赤色ですが、その他にも美しい色味のものがたくさんありますから、気になった色はすべて試着してみることをおすすめします。
案外、和装になると普段着ない色の方が似合う、ということもよくあります。
さらに、金色なら華やかさ、黒なら大人っぽさが増すなど、色が視覚に与える効果は様々です。
実際に羽織ってみて、顔映りのいいもの、雰囲気に合ったものを選びましょう。


普段着慣れない衣装、特に和装だと何かと勝手が違うもの。
せっかくの衣装の美しさを最大限に生かすには、着方や所作にも気をつけましょう。
特に野外の撮影では動く機会も多く、どうしても着崩れを起こしてしまいます。
帯揚げが出すぎていないか、帯やおはしょりが水平になっているか、襟が左右均等になっているか、些細なところから気をつけていきましょう。
それに加え、姿勢をしっかり正すことも大切です。
背筋をまっすぐ伸ばし、背中のラインが必ず中央にくるよう意識しましょう。
自宅で、浴衣など手持ちの着物で練習してみるのもいいですね。
座る時は肩のラインがなだらかになるよう意識して、浅めに腰掛けると綺麗に見えます。
足は膝をぴったり揃え、左右どちらかに傾けるようにすると、より女性らしい美しさが際立ちます。
手の指先も忘れずに揃えれば、艶やかな雰囲気の1枚が出来上がるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP